fc2ブログ

ダイバーズウォッチ



千葉県は市原のあきです。

ダイバーズウォッチの逆回転防止ベゼルに
質問があったので調べてみたら…

実はダイバーズウォッチには、
国際標準化機構(ISO)や日本工場規格(JIS)に
厳格な規格がありました。

本文の最後に列記しておきます。
タフネスが売りのG-SHOCKも真っ青かも…(笑)

その中にある
タイムプリセレクティング装置が
時計に付く左回転のみするダイヤルで、
これが逆回転防止ベゼルになります。

使い方は簡単で、
分針にダイヤルの0点位置を合わせるだけ♪

あとはダイヤル側の目盛りを読み取れば、
ダイヤルをセットした時からの
経過時間が分かるようになっています。

これをダイビングでは、
空気ボンベの使用時間にするそうです。

このボンベ使用中に、
もしもダイヤルが誤操作や接触等で
右へ回転しちゃったら、

ボンベの使用時間が
実際よりも短く表示されて、
大変危険な状態になっちゃうので、
右回りしないようになっています♪

合わせて暗所でも25cmの距離から
時刻や経過時間が目視できることも!

海中の深くは
太陽の光が届かないですからねぇ…

よく考えられた規格です。

---------------------------------------------

ISO6425での要件

1.タイムプリセレクティング装置:
事前に設定し、
経過時間が計測できる逆回転防止ベゼルなど

2.視認性:
暗所で25cmの距離から
時刻や経過時間などが目視で判読可能

3.耐磁性:
4800A/mの直流磁界に曝しても日差30秒以内を維持

4.耐衝撃性:
3kgのハンマーで打撃を加え、日差60秒以内を維持

5.耐塩性:
濃度3%の海水中に24時間放置して錆や異常が生じない

6.水中での信頼性:
水深30cmで回転ベゼルなどが正常に作動

7.耐外力性:
バンドの引っ張り強度、リュウズの加圧耐性

8.耐熱衝撃性:
40℃と5℃の水中での温度変化への耐性

9.耐浸漬性:
水深30mに50時間漬け置いたあとの風防内の曇り

10.水中加圧:
表示圧の1.25倍の圧力を水中で加圧

11.耐ヘリウムガス性:
飽和潜水時のヘリウム混合ガス加圧


関連記事

Comments 0

Leave a reply