fc2ブログ

肥満遺伝子



千葉県は市原のあきです。

私は大食いなので、
食べる量は気にしません。

だからと言って、
体に無関心ではなく、
実は気は使っているかも…

その一つが、
21時以降の食事は軽めに!

残業が最初から21時を
過ぎることが分かっていたら、
18時に早弁大作戦しちゃいます!

画像はその早弁…(笑)

その理由が「BMAL1」と呼ばれる
遺伝子の作用です。

この遺伝子は、
別名「時計遺伝子」とも言われて、
その作用は体内時計によって、
変わるようです。

その作用とは、
脂肪の分解を抑えて、
脂肪を体内にため込ませるもの…
そのため「肥満遺伝子」とも言われます。

この遺伝子は、
明るい時間帯は大人しくしています。

脂肪を活動エネルギーにするために…

でも暗い時間帯になると、
エネルギーを蓄えるために
徐々に活発化しています…

そのピークが、
PM10:00~AM02:00なんです…

21時以降の食事が
太りやすい理由でした…(笑)


関連記事
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply